FLYJAM creative agency…プロダクション事業

10273434_285263024984784_3029134164242855272_n

We’re looking for artists who want to break out internationally!

 

◎ We network between domestic and foreign artists.
◎ We plan and manage international and domestic events.
◎ We manage artists who want to make a name for themselves overseas.

※日本語はこちら

 

Since the 1990’s, the words “planning” and “marketing” have begun to appear more regularly in the music world.
The use of these words has always been commonplace in business but now appear to be permeating into the music industry too. Once Japanese music companies began to observe the market they were able to plan their releases accordingly scoring hit after hit. This is called the “music bubble” and has lasted for a generation.

 

However, problems arose as companies began to search for more artists to fit their own image and began to emphasize an artist’s compatibility with the company over the artists own individual style. This means that no matter how unique and talented an artist was, if they didn’t fit the company image then they couldn’t make their debut.

 

Not only has this practice coincided with the trend of fixing any musical mistakes during editing, lip-synching during lives, and an increase of turning musicians into TV personalities, it has also coincided with the industry being hit by a series of shocks, from the advent of online file sharing to the Lehman financial shock. This has made it even harder for talented artists to get their foot in the door as the Japanese music industry has itself contracted.

 

So why not take your music elsewhere? By going overseas and performing at lives and events you can engage with a foreign audience directly and see their reactions to your music and personality first-hand. You’re also far more likely to be paid for gigs. Sound good? FLYJAM Creative Agency is here to help.
Even the largest Japanese music companies are making their way into the international markets right now. But there’s just one major problem: the language barrier.

 

Unlike the major Japanese producers, individual Japanese artists haven’t got the resources to hire a native English speaker to translate everything they may need to succeed abroad such as websites, lyrics, and online profiles.
We at FLYJAM Creative Agency are here to demolish that language barrier. We are made up of a unique mix of Japanese people who were born and raised overseas and are fully capable of providing accurate English translations that still manage to retain the original Japanese nuances.
Furthermore, as most of our staff have experience in at least studying overseas, we are able to conduct our business entirely in English.

 

We work in 3 main areas:
• Online distribution to overseas.
• Management, co-ordination, and planning of domestic events and international tours.
• Radio geared towards overseas audiences, Ustream broadcasting, and events such as our 16th parties and FLYJAM Fes.

 

Through these areas we can promote your music outside of Japan for the whole world to hear!
No need to worry about English anymore!
We’re here to support artists who want to be heard the world over!
FLYJAM Creative Agency

 

 

世界で活躍するアーティストを応援します!

 

◎日本と海外を繋ぐ音楽代理店
◎国内、海外でのイベントの企画・運営
◎海外発信をしたいアーティストのマネジメント

 

1990年代頃から、音楽業界に「企画」「マーケット」という言葉が、頻繁に登場してくるようになりました。

もちろん、それらの言葉は、ビジネスの世界では常識的に使われていましたが、それが音楽業界にも浸透してきた印象でした。

そして音楽業界は、マーケットを調査し、それに適した企画を立ち上げ、多くのヒットを生み出しました。それは「音楽バブル」と言われ、一時代を築きました。

 

しかしその反面、「企画にあうアーティストを探す」という傾向が強まり、アーティストの個性より、企画との整合性を重視していくようになっていきました。つまり、どんなに個性的で音楽性が高くても、企画とあわなければデビューできない、という構図が出来上がっていく事になっていったのです。

それは同時に「歌のヘタさは、編集でなおす」という風潮を生み出し、ライブで歌えず、口パクでステージし、タレント化していくアーティストが増えていく結果となりました。

 

音楽バブルがはじけたあと、ネットでの音楽配信、そしてその後リーマンショックなど、数々の出来事がおきていく中で、音楽業界全体は、非常に閉塞的になってしまい、魅力ある新しいアーティスト達は、ますますその才能を開花させる道が狭くなってしまったのは、ご存知の通りだと思います。

海外に飛び出して、野外ライブやライブイベントに出演すると、演奏者の国籍を問わず、その音楽の善し悪し、個性、音楽性によって、お客さんの反応がダイレクトに返ってくるのが実感できます。同時に、「音楽にはお金を払うもの」という文化がしっかり根付いているために、演奏をしたらきちんとお金がもらえます。

 

であれば、この閉塞状態が続く日本の音楽業界とは違う、世界の音楽業界に活動の場所を移してもよいのではないか、それが、私たち「FLYJAM Creative Agency」が立ち上がったきっかけになりました。

 

事実、日本の大手音楽メーカーも、今どんどん海外に向けて、展開をはじめております。

 

ここで、ひとつ大きな障害になるのが「言葉の壁」です。

個人活動を頑張っているアーティストの方は、日本の大手音楽メーカーの様に、海外進出に大きな予算がとれる訳でもありません。英語を翻訳してもらうネイティヴスピーカーに、自分のプロフィールや、歌詞の翻訳をしてもらったり、英語で書かれた海外サイトを、ひとつひとつチェックして、自分で海外進出していくには、気の遠くなるような時間と労力が必要になるでしょう。

 

私たち「FLYJAM Creative Agency」では、その言葉の壁を取り払う為に、海外で生まれ育った日本人の方の翻訳チームを結成しています。この翻訳チームにより、日本語特有の「印象を伝える言葉」のニュアンスをなるべく崩さずに、英語に翻訳する事が可能になりました。

また、スタッフの多くが海外留学経験者という事もあり、海外との交渉も全て英語で進めております。

これにより、大きく3つの事業を行っております。

 

楽曲の海外ダウンロード配信

国内イベントと海外ツアーの企画及びコーディネート、マネージメント

・海外向けラジオ放送、Ustream放送、ライブイベント「16th party」「FLYJAM Fest」の開催
これら事業により、 アーティストの活動場所を、日本から世界に変え、より多くの方に、その才能を届けたいと考えております。

 

英語の心配はいりません。

世界で活躍するアーティストを応援します!

FLYJAM Creative Agency